コツコツDIY ~DIY初心者が挑戦する、賃貸マンション改造計画~

狭い賃貸マンションを、スローペースでコツコツ改造中。初心者&車無しでもできるDIY事例や、調べたこと、使ったもの、失敗談など。2019年6月にうつ病発症。病気と子ども達の事を書くこともあります。

DIY始めるなら✨ ダイソーのハンドサンダーは買い‼️ ~買ってよかった!100均のおすすめDIY用品/工具~

こんにちは(*^^*)
素人DIYer なつみかん です( ´∀`)


最近では、100円ショップのDIY用品が
かなり充実してますね✨

DIYって、
何もない状態から始めようとすると、
何気に材料費がかさみます(´Д`;)

メインの木材・塗料の他、
ネジや金具、工具…

でも、100円ショップのDIY用品を利用すれば、
費用をグッと抑えることができるんです✨
www.natsumikandiy.com

ダイソーは特にDIY用品が充実

100円ショップの中でも、特にダイソーには、
木材やクランプ、鋸にハンドサンダー、
大きめの棚受けやガチャ柱に、
接合金具に多種類のネジ。
塗料に塗装道具と、
実に様々なDIY用品が揃ってます✨




ホームセンターやネットで買ってしまってから、
ダイソーにあるのを見つけて、
高い買い物をしてしまったと後悔することも
しばしばありました( ´∀`;)

ダイソーの「ハンドサンダー」と「やすりセット(紙・耐水)」が特にオススメ

ダイソーのやすりセット(ハンドサンダー用)

ダイソーには、
紙やすりを挟んで使うハンドサンダーと、
ハンドサンダーにピッタリサイズの
やすりセットがあります。
f:id:natsumikandiy:20190723142240j:plain



やすりには様々な種類・番手があり、
木工中心のDIYで主に使うのは、

塗装前の研磨に
120~400番の紙やすり」。
ウェット研磨
400番の耐水ペーパー」。


耐水ペーパーは、その名の通り水に強いやすりで、
ワトコオイル等の塗料使用時のウェット研磨に使います。

その他、
塗装を剥がす時の為に、80番程度のやすりがあると安心ですし、
木材の表面が少々荒いときは、120番→240番の順で研磨するとラクです✨


ダイソーのやすりセットは、
紙やすりセットに
80番、120番、240番、400番、600番が。
耐水ペーパーセットに
240番、400番、800番、1200番、2000番が
入ってます。
f:id:natsumikandiy:20190723142444j:plain

ダイソーのハンドサンダー用の
紙やすりセットを買えば、木材の塗装前の研磨までできて、
耐水ペーパーのセットも買っておけば、塗装時のウェット研磨までできちゃう✨
なんて素敵なんだ(*´∇`*)


ハンドサンダー、紙やすりセット、耐水ペーパーセットを全て揃えても
300円😆✨


ホームセンターで揃えようとすると、
ハンドサンダーだけで千円以上ですし、
やすりは消耗品ですから、
少しでも安く揃えたいですよね( ´∀`)


もし、耐水ペーパーなんて400番しか使わないよ、という場合は、
大きめサイズですが「220・360・1000」番のセットもありますので、
360番をカットして使っても良いと思います🎵



ダイソーのハンドサンダー

やすりはそのままでは使いにくく、
力加減にムラがあると、かえって傷をつけてしまったり、仕上がりに影響します。
その為、通常は当て木をして使います。

ハンドサンダー(ホルダー)があると、
持ちやすく、効率的に作業ができますので、
DIYするなら是非とも持っておきたい道具です✨


ダイソーのハンドサンダーは、
やすりの取り付けが簡単で持ちやすく、
使いやすいのでおすすめ✨
f:id:natsumikandiy:20190723142752j:plain


100円なので、よく使う番手毎に複数個持っておくと、
作業毎にやすりを付け替える手間が省けますよ🎵





買い足すなら、半永久的に使える【NTカッター】がおすすめ

私は、実はマジックテープ式のホルダーを持っていて、付け替えが楽で快適に使って
たのですが…


当時は、送料が安いショップが見つからず、
(今は見つかります💦)

ホームセンターにもなかなか行けず。
せっかく足を運んでも品切れだったりで、
すっかり使わなくなっていました。


それからは、専らダイソーの商品を使用していたのですが、
やはり、塗装前に必ず使う番手の減りが異常に早いんですよね💦


私は、木工DIYの際には、塗装前に必ず240番を使っています。

実は「120~240番」は「中目」と呼ばれ、
塗装前の仕上げとしては少々荒め。
塗装前には、本当は「細目」と呼ばれる
「280~400番」のやすりで仕上げるのが
理想なのですが…
240番でも、特に不都合を感じなかったので( ´∀`)

やすりは消耗品ですから、DIYをしていると、
どうしても240番だけが足りなくなって💦


どうしたものか悩んでいたところ、見つけたのが「半永久的に使える」という
【NTカッター(中目)】✨
しかも、お値段も手頃✨

(「荒目」はありましたが、残念ながら「細目」はありませんでした)

NTカッターの「中目」が、「120~240番」の、どの番手なのか不明でしたが、
試しにSPF材のワトコオイル塗装前に使用したところ、問題なく使えました✨

カットした木材の切断面を整えたり、
吸水力が落ちてきた珪藻土バスマットに使ったりと、我が家で大活躍です(*´ω`*)


おわりに

本格的に大きな家具を製作したり、
精度を求めるなら、
100円ショップものでは物足りなくなる
こともあるかと思います。


ですが、それはまだ先のこと。
DIY初挑戦で本格的な家具を作ることは、あまりないと思います。
最初は小物や、小さめの家具から始めるでしょうし、
多少ガタつきがあってもなるべく危険が無いよう、慣れないうちは背の低い家具から始めるのがオススメです。

ズレた、ガタついた、足りなかった…色んな失敗もあると思いますし、
自分には向いてない…と、やめてしまう可能性だってあります💦


工具は割と費用がかかりますし、
様々なものがありますから、
最初から本格的な工具を揃えようとすると、
実際に取りかかる前に、工具選びで辟易
してしまいます💦


初心者のうちは、簡単なものから手軽に
とにかく「やってみる」ことが大事✨

最初は100円ショップで安く揃えて、
慣れたら本格的なものにチェンジしていくのも
良いと思いますよ✨



ではでは(*^^*)
拙い文章でしたが、
お役にたてたら幸いです✨

最後までお読み頂き、
ありがとうございました(*´∇`*)

room.rakuten.co.jp